鉄道模型ジオラマ日記

メルクリンのZゲージという一番小さいドイツ製の鉄道模型を使ってジオラマを作りました。ぜひ、ご覧下さい!

朱鷺メッセでワクワク

昨日、新潟で開催されている鉄道模型博に行ってきました。

 
Nゲージで作られた片瀬さんのジオラマは更に充実し、コンピュータで何本もの電車が自動的に動くようにセッティングされたりしていて、見に来た人もどんどん突っ込んで聞くし、結構エキサイティングでした。

f:id:takechan18:20140824161914j:plain

f:id:takechan18:20140824165635j:plain

31階から日本海に広がる夕焼けにも感動‼︎

f:id:takechan18:20140824181208j:plain

清里の萌木の村からSOS

八ヶ岳のふもと、小海線清里駅から歩いて10分のところに、レストランやホテル、オルゴール館などがそろった萌木の村があります。

萌木の村オフィシャルホームページ

真夏の夜を夢ごこちにさせてくれる野外バレエは有名ですが、そこから、”今年2月に2度、そして3月にも1度の豪雪に見舞われて、すべてのスタッフでこの窮状を乗り越えようと努力しています。春に向けて、ホテルのレストランもリニューアルし、イベントも充実させていますので、ぜひお越しを!”と、思わぬSOSのお便りが届きました。

山梨県の豪雪は連日のニュースで驚いていましたが、そこに住む方々のご苦労は本当に大変だったのですね。小淵沢清里が雪に埋まるということはこれまでなかったので、気象庁も自治体も予測できず、陸の孤島となってしまったのですが、ネットではその兆候を知らせているブログもたくさんあったようです。

2014年2月山梨県を中心とした豪雪 - Togetterまとめ

これを読んでみると、今年の南岸低気圧の恐ろしさが集められています。

これからもあると思って、気象の異常現象に敏感である必要がありそうです。

我が家のジオラマの全体像です

このブログを公開して約半年、これまで見てくださった方々へのお礼を込めて、ついに、メルクリンZが走るジオラマの全体をご披露しようということになりました。

このジオラマは、我が家の2階の7畳の部屋を独占しています。たぶん、規模においても精巧さにおいても日本一だと、夫は常に自慢です。ひょっとしてZゲージを使った鉄道模型のジオラマとしては、世界一かもしれないそうです。

今日2月18日は、私たちにとって悲しい思い出の日ですが、大切な記念日となるよう、このブログが多くの方にご覧いただけることを楽しみにしています。

f:id:takechan18:20140216175325j:plain

スイスの風景をジオラマに

f:id:takechan18:20140207204346j:plain

カゴ君の出てきたトンネルの左上をズームアップしてみますと、スイスの田舎町の風景が広がっています。アルプスの少女ハイジが駆け回っていた野原や山小屋が再現できていないでしょうか。

実は、このレイアウトは、ジオラマを制作してくださった工房のスタッフの方が、欧州をユーロチケットで鉄道を乗り継いで旅された時の記憶と感動を生かして作り上げてくださったのです。だから、どの人も魅了する風景ができ上がりました。

トンネルを抜けて見えてきたものは?

カゴ君がトンネルから出てきました。

緑の多い風景が見えて、 今までとだいぶ違ってきましたよ。そして、カゴ君は1階のぼって、19世紀の2階部分にやってきたのです。

f:id:takechan18:20140207204153j:plain